実績紹介・BLOG
CASE & BLOG
BLOG ページTOP △
2021年 謹賀新年
2021年1月5日 火曜日


新年あけましておめでとうございます。

本年も何卒、宜しくお願い申し上げます。


弊社営業は、1月4日(月)より開始しております。
お困りのゴミや廃棄物が御座いましたらお気軽にご連絡下さいませ。


さて、2020年と言えば、コロナ一色の1年でありました。

ようやくワクチンの話が出てきたと思えば、新型コロナウィルスの変異種が見つかったりと、まだまだ予断を許さない状態が本年も続きそうです。

コロナと言えど、すべてが暗い話ばかりではありません。

私たち人類は、学んで変化できる動物。コロナの特徴が少しずつ解ってきており、そこに対応できつつあります。

しかし、対応一つ、横着にしてしまうと簡単に感染は広がってしまいます。

弊社は、昨年の新型コロナウィルスの教訓を本年に活かす為、

『 丁寧に生きる 』

を軸に展開して参ります。

社会、環境、仕事、自身の身体、家族、全てにおいて改めて向き合い、丁寧に行動することが必要な2021年ではないかと考えます。

本年は丁寧なタイホウとして邁進して参ります。

新年 あけましておめでとうございます。
2020年1月6日 月曜日


 新年 あけましておめでとうございます。

 2020年も皆さまにとりまして、素晴らしい1年となりますこと、心からお祈り申し上げます。

 さて、昨年2019年は、我が業界だけでなく、「コンプライアンス」という言葉が大きく影響を持った1年であったと感じます。
コンプライアンスと一言で言えど、非常に多くの意味を持っており、その中でもビジネスコンプライアンスは規則や法律が基準となっています。
しかし、前文に書いた通り、コンプライアンスとは多くの意味を持っており、大きく表すと、この人間社会で「悪いことをしない、道徳感」、更には「悪いことが起きないよう手をうつ」。こんなところでしょうか。

 それに加え、SDGs(サスティナブル デペロップメント ゴールズ)。
2019年の年末からテレビでのニュースだけでなく、コマーシャルやドラマに多く使われるようになり、その認知度は格段に上がりました。
SDGsは現代社会の課題を17個に分け、2030年までに17個の課題を「誰一人取り残さず、持続可能なものにしましょう」というもの。
なぜ、SDGsが求められるのか?それは、我々が購入する物で人や動物=自然が泣いているからです。

難しいのでは?投資が必要なのでは?などと、足踏みしてしまいそうにもなりますが、着地点さえ理解していれば、さほど難しくも投資が必要でもありません。
中には、世に影響力のある企業様は、投資を行い抜本的に変えておられるものもありますが。。。。

 これらを踏まえ、この2020年は、「価値観の変革」の年になると思います。

 今後の流れは、人や動物=自然が泣く事の無い、持続可能な人間社会がポイントとなり、それらを含んだ「本当に良もの」が求められる年になるかと思います。
その商品、そのサービスは誰一人取り残さず持続可能なものなのか?それが「本当に良いもの」の定義になり、商品やサービスを人が手に取る際の、一度立ち止まる材料になるのでは?と考えます。
その「本当に良いもの」が弊社であれば、「コンプライアンスに則り、かつ持続可能な処理を確立し、ご提案をさせて頂くこと」になるかと思います。そこに弊社は力を入れ、2020年は邁進していきます。

 子ども達の未来は明るいものにしたい。ただそれだけですが、弊社の思いと考えにご理解頂ければ幸いです。

 今後とも、弊社大邦興業(タイホウコウギョウ)を何卒宜しくお願い申し上げます。
2019 新年のご挨拶
2019年1月11日 金曜日
07267F0A-8203-4F91-BBC6-17F90705407C

新年、明けましておめでとうございます。

本年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。


今年のスローガンは、


[『捨てる』から『活かす』へ、明日の笑顔を創る ]


循環型社会、環境保全、再生資源、リサイクル

どの事業もこれらは共通するものですが、我々のような事業者は特に、中核に捉えるワードであり、我々の目的。

資源の枯渇や衛生面の問題に取り組み、明日の笑顔。。。。だけでなく

これらを重点に置くことは『人を育てる』事に繋がり、明日の自然環境と人を育てるという意味を含め、明日という未来の笑顔を創りたい!

という想いを込め、行動して行こうと思います。


と、行動するには、まず我々が模範とならなければなりません。

口で語るのは簡単です。重要なのは、その具体的な手法と行動です。まずはコンプライアンスの強化を始め、行政機関との連携、再生資源物の追求、最終処分場との連携、同業者との情報交換、弊社による研修会の実施

そして、昨年から実施している、SDGs への取組みを強化し、社員全員が持続可能な社会に向け歩むこと。

26370CEF-502F-4097-95DD-4CF8736B55BA

21FFF335-0901-408A-89B0-1954FA3E4B55

2019年は、そんな年にします。

そして、皆さまの良きパートナーとして、邁進して参りますので、今年も何卒宜しくお願い申し上げます。


有限会社大邦興業
代表取締役 大谷 泰彦
2018年 謹賀新年
2018年1月8日 月曜日
IMG_5753

新年あけましておめでとうございます。

本年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

さて、昨年は、我々業界にとっても、コンプライアンスを見つめ直す1年でありました。

至極当たり前の事を、今一度見つめ直す事で、厳しいかなと思う反面、チャンスも幾つか見えた1年でもありました。

2018年のスローガンは、「真っ直ぐ」。

本年も、皆さまに、安心と安全で笑顔になって頂けるよう邁進して参りますので宜しくお願い申し上げます。


代表 大谷
IMG_2339
謹賀新年 2017年 今年も宜しくお願いします!
2017年1月7日 土曜日
img_1664

明けましておめでとうございます。

img_1665
本年もご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。
また、ご愛顧の皆さまにとり、ご繁栄、健康、笑顔の絶えない年になりますようご祈念申し上げます。

さて、本年も激動の年となります。ゴミ処理業界も、絶え間ない変化をし続けなければなりません。
本年の弊社は
①コンプライアンスの強化
②地域貢献の強化
③プロ意識の強化
④人間力の強化

そして、
⑤カッコええ業種と感じてもらえる、魅力強化
です。

ゴミ処理でしょ。。。と、必要とされる仕事なんですが、やはり軽視され易い業種です。

さらには、3kの、汚い、きつい、危険。と、現代の新3Kの、きつい、帰れない、厳しい。と、ゴミ処理となると、全て当てはまるイメージになり易いのではないかなと考えます。

そんなイメージを少しでも払拭し、この業種オモロいし、カッコええと感じて貰えるような会社作りを。と考えてます。

それには、今を変えないと。未来は変わりません。
一歩づつ、着実に進む2017年にしたいと思います。

皆さまから必要とされるよう、困ったらタイホウ 大邦となるよう、コンプライアンスしっかりしてると思われるよう、カッコええタイホウとなるよう、今年も邁進して参りますので、本年も宜しくお願い申し上げます。

有限会社大邦興業 代表取締役 大谷 mie–taihou.com img_1666
一般ゴミの回収について
困ったゴミ処理のパートナーで在りたい。
ご家庭の粗大ゴミから、法人のお客様など事業系一般ゴミの処理まで、ゴミの事ならお気軽にご相談下さい!
詳しくはこちら
産業廃棄物について
収集運搬・コンテナ設置・処理、悩まずにお任せ下さい。
産業廃棄物も様々。どうすればより環境に負荷なく処理できるのか。その様な悩みも専門家がご提案致します。
詳しくはこちら

有限会社 大邦興業

〒513-0818
三重県鈴鹿市安塚町1350-113
Google Map
059-381-2277
平日 8:00 - 17:00 土曜日 8:00 - 12:00 定休日 日曜日(※祝日は営業)
Copyright © 有限会社 大邦興業 All Rights Reserved.

PAGE TOP

072-724-3634